兵庫県後期高齢者医療広域連合

文字のサイズを 大きく 小さく 戻す

■現在位置 : トップページ > 広域連合とは > 広域連合の概要

広域連合の概要

 平成20年4月から老人保健制度が後期高齢者医療制度に変わりました。この制度は、75歳以上の高齢者等を対象とし、兵庫県内のすべての市町が加入する「兵庫県後期高齢者医療広域連合」が運営します。広域連合とは、地方自治法に基づく特別地方公共団体で、この制度の運営主体として都道府県ごとに、すべての市町村が加入して設立されています。
 今後とも、国・県・市町等の関係機関と連携を図りながら、制度の適正かつ円滑な運営に取り組んでまいります。

組織図

兵庫県後期高齢者医療広域連合の組織体制

平成30年9月1日現在

広域連合長 藤原 保幸
副広域連合長 岩見 武三
副広域連合長  森 哲男
選挙管理委員会委員 中川日出和
兼行 栄子
田 清十
時本登一郎
監査委員(識見) 岸本 義一
監査委員(議員) 小林 昌彦

 

▲このページの先頭へ | ▲トップページへ | ホームページのご利用について