兵庫県後期高齢者医療広域連合

文字のサイズを 大きく 小さく 戻す

■現在位置 : トップページ > 後期高齢者医療制度 > 受けられる給付

受けられる給付


入院したときの食事代(入院時食事療養費)

 入院したときの食事代の自己負担額は次のとおりです。

【平成30年4月1日以降】

所得区分一食当たり
現役並み所得者 460円
(注1)
一般
 指定難病患者(低所得T・U区分以外) 260円 
低所得U過去12カ月の入院日数が90日以内 210円
過去12カ月の入院日数が91日以上160円
(注2)
低所得T100円

【平成30年3月31日まで】

所得区分 一食当たり
現役並み所得者 360円
(注1)
一般
 指定難病患者(低所得T・U区分以外)  260円
低所得U 過去12カ月の入院日数が90日以内 210円
過去12カ月の入院日数が91日以上 160円
(注2)
低所得T 100円

 低所得T・Uの所得区分の方は医療機関の窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示してください。
 「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けるには、お住まいの市(区)町の担当窓口に交付申請をしてください。

 (注1)精神病床へ平成27年4月1日以前から平成28年4月1日まで継続して入院されていた方で、引き続き何らかの病床に入院されている方は、当分の間260円に据え置かれます。

 (注2)過去12カ月の入院日数(低所得Uの認定を受けていた期間)が90日を超える場合は、入院日数が確認できる領収書等をご用意のうえ、お住まいの市(区)町の担当窓口で、別途「長期入院該当」の申請が必要となります。

 ※平成26年8月1日以降の長期入院該当者の認定について
 加入する保険者(国民健康保険や会社の健康保険など)に変更があった場合、変更前の入院日数(低所得Uの認定を受けていた期間)を合算することができる取扱いとなりました。


▲このページの先頭へ | ▲トップページへ | ホームページのご利用について