兵庫県後期高齢者医療広域連合

文字のサイズを 大きく 小さく 戻す

■現在位置 : トップページ > 後期高齢者医療制度 > 受けられる給付

受けられる給付

1カ月の医療費が高額になったとき(高額療養費)

 1カ月(同じ月内)の医療費の自己負担額が高額になったときは、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。
 外来については個人単位、入院がある場合は世帯単位で計算します。
〈平成30年8月から〉
負担
割合
所得区分  自己負担限度額(月額)
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)
3割   現役並み
所得者  
V 252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
〔多数該当 140,100円〕※1
U 167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
〔多数該当  93,000円〕 ※1  
T 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
〔多数該当  44,400円〕 ※1
1割 一  般   18,000円
(年間上限144,000円)※2
57,600円
(多数該当44,400円)※1
低所得    8,000円  24,600円
15,000円

※1 多数該当
 診療月から起算して過去12カ月以内に世帯で3回以上高額療養費が支給されている場合、4回目以降の額(入院または世帯合算の自己負担限度額が適用された月のみカウントします。また、他の医療保険での支給回数は通算されません。)
※2 年間上限
 一般区分の方は、1年間(8月〜翌7月)の外来の自己負担額の合計額に年間144,000円の上限が設けられます。

● 初めて高額療養費の支給対象となったときに、広域連合から申請書を送付しますので、お住まいの市(区)町の担当窓口へ申請してください。
● 申請書に記入された口座は、今後高額療養費の支給が発生したときの受取口座として登録しますので、口座の変更・廃止等がない限りは、再度申請手続きを行っていただく必要はありません。
● 差額ベッド代など保険診療対象外のものや入院時の食事代などは、高額療養費の計算対象に含まれません。
● 同じ医療機関等の窓口でのお支払は、上表の自己負担限度額までとなります。(ただし、入院・外来・医科・歯科はそれぞれで計算します。)
● 低所得U・Tの適用を受ける場合は、医療機関等の窓口で被保険者証とあわせて「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示する必要があります。「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受ける場合は、お住まいの市(区)町の担当窓口での申請が必要です。

75歳の誕生月の自己負担限度額の特例について 
 
 月の途中で75歳の誕生日を迎え、被保険者となる方の個人ごとの自己負担限度額は、下の表のとおり、75歳の誕生月に限り2分の1になります。

※1日生まれの方など、75歳の誕生月に加入している制度が後期高齢者医療制度のみの場合は、対象外となります。
※世帯単位の自己負担限度額は上の表と同じです。
負担
割合
所得区分 自己負担限度額(月額)
外来(個人ごと) 入院(個人ごと)
3割 現役並み
所得者
V 126,300円+(総医療費−421,000円)×1%
U 83,700円+(総医療費−279,000円)×1%
T 40,050円+(総医療費−133,500円)×1%
1割 一  般   9,000円 28,800円
低所得 U   4,000円 12,300円
T  7,500円

所得区分

負担
割合

所得区分

3割

 現役並み
所得者

V 同一世帯に住民税課税所得690万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる方
U 同一世帯に住民税課税所得380万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる方
T 同一世帯に住民税課税所得145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる方
1割 一般 「現役並み所得者」、「低所得U」、「低所得T」以外の方
低所得 U 世帯員全員が住民税非課税で「低所得T」以外の方
T 世帯員全員が住民税非課税であって、かつ各所得(公的年金等控除額は80万円として計算)が0円となる方
○世帯員全員が住民税非課税であって、かつ老齢福祉年金の受給者

 低所得TUの方は、医療機関等の窓口へ「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することにより、医療機関ごとに1カ月間に支払う自己負担限度額が、外来・入院とも区分に応じた限度額までとなります。
 また、入院時の食事代や居住費についても減額を受けることができます。
 現役並み所得者TUの方は、医療機関等の窓口へ「限度額適用認定証」を提示することにより、医療機関ごとに1カ月間に支払う自己負担限度額が、外来・入院とも区分に応じた限度額までとなります。
 「限度額適用・標準負担額減額認定証」及び「限度額適用認定証」は、お住まいの市(区)町の担当窓口へ申請することにより交付されます。
柔道整復、鍼灸、あんまマッサージの施術などは除きます。
差額ベッド代など保険診療対象外のものは別途支払いが必要です。

▲このページの先頭へ | ▲トップページへ | ホームページのご利用について